LINK

これからフリーランスになる方へ

これからフリーランスになる方へ

これからフリーランスになろうと考えている人に、フリーランスになるとつきまとう「孤独」について知って欲しいと思います。会社員時代には当たり前であり、どちらかと言うと面倒だと感じていた出来事が、フリーランスになると懐かしく思う日が来ます。例えば同僚や上司との「飲み会」です。フリーランスになると飲み会に誘われる機会が激減し、孤独感を味わうことになるかもしれません。他にも思ったよりも休みが取りにくいなど理想と現実のギャップに苦しむ人もいるでしょう。

これからフリーランスになる方への記事一覧

飲み会がない

飲み会がない

フリーランスになると自分一人で仕事をすることができます。誰かと一緒に協力して仕事をしないため、飲み会を開いて親睦を図る必要もありません。飲み会に誘われる機会がほとんどなくなると、初めの頃はせいせいした気持ちでいられるものの、徐々に寂しさがこみ上げ、孤独に苛まれるようになります。孤独感に負けないように気持ちを強く持ちましょう。また同僚ではありませんが、同じ人生を一緒に生きている同志として、家族と一緒に定期的に飲み会を開くのもおすすめです。

休みが取れない

休みが取れない

会社員時代と違い、フリーランスになると自分で全てのことを采配することができるようになります。納期に間に合わせさえすれば、仕事のスケジュールは自由に組み立てることができます。しかし実際には仕事を入れ過ぎてしまい、休みが上手に取れない人がたくさんいます。仕事がなくなるのが怖いという気持ちや、高単価の仕事をスルーするのがもったいないという気持ちがあるからです。しかし適度な休養は絶対に必要ですので、スケジュールの最初に休日を決めるなどの工夫をしましょう。

実例を見てみる

実例を見てみる

会社を辞めてフリーランスになったものの、仕事が思うほど取れない人や孤独感に耐えられない人がいます。そのままフリーランスを続けても良いことはないと判断した場合は、会社員に戻ることを考えてみましょう。そこで今回は実際にフリーランスから会社員へ再就職した人の実例を見ていきます。会社員に戻ることに抵抗がある人は、実はフリーランスから会社員に戻る人が多いことと迎え入れる側の企業がフリーランス経験者を高く評価していることを知ることで考えが変わるかもしれません。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。