LINK

なぜ孤独を感じるのか

なぜ孤独を感じるのか

フリーランスになると、自由に仕事を楽しみ、青天井の報酬を目指して前途洋々の気持ちで仕事をスタートします。しかしある時期を過ぎると強い孤独感を味わう人が多くなります。そこで今回は「なぜ孤独を感じるのか」について、会社員時代とフリーランスの置かれる状況の違いを中心に理由を紹介していきます。一人で仕事ができてしまうことは、一人で仕事をしなくてはならないことの裏返しでもあります。フリーランスのメリットに目を向けるかデメリットに目を向けるかによっても孤独に対する対応は違ってくるでしょう。

なぜ孤独を感じるのかの記事一覧

一人で仕事ができてしまう

一人で仕事ができてしまう

フリーランスになると、仕事を一人でこなすことができます。しかし裏返して言うと、「一人だけで仕事をしなくてはならない」ということでもあります。自由な環境でもありますが、孤独な環境でもあることを忘れないようにしましょう。また自由に仕事の裁量ができるために、自堕落な生活を送る人やサービスのクオリティが落ちてしまう人も注意が必要です。フリーランスに孤独はつきものですが、孤独を嘆くだけでなく、自由な環境を謳歌してフリーランス生活の良い面に目を向けるようにしましょう。

飲み会がない

飲み会がない

フリーランスになると激減するのが「飲み会」への参加です。会社という組織の中で仕事をするとストレスがたまります。そのストレスを晴らす場所として飲み会が機能しています。フリーランスになると誰かの方針に合わせる必要や他人と一緒に仕事をする機会がなくなりますので飲み会を開く必要がありません。しかし飲み会に誘われなくなると孤独を感じる人もいるでしょう。そんな時は家族と飲み会を開いてみましょう。家族は自分と一緒に人生を戦う同志のような存在です。きっと充実した飲み会になるでしょう。

休みが取れない

休みが取れない

フリーランスには、仕事がなくなる怖さが常にあります。そのため多少無理をしても仕事を優先してしまい、気が付いたら数カ月も休みを取っていないという人も珍しくありません。また単価の高い仕事などをスルーして休みを取るのは「もったいない」という気持ちが働き、休むべきタイミングでも仕事を受けてしまう人もいます。しかしずっと休みを取らないと、いつか身体にも心にも限界が訪れます。まず休日の予定を立てるなど、休みを取ることを自分に義務付けましょう。

将来の不安に襲われる

将来の不安に襲われる

2年続けて同じ利益を出した場合、自分以外の第三者は「仕事は順調」と判断するでしょう。しかし全てを把握している本人だけは違う感想を持っている可能性があります。将来性のあるジャンルの仕事ができているか、新規のクライアントと仕事をする機会が増えているかなど、本当に仕事が順調かどうかは本人しか分かりません。そこが会社員時代との大きな違いで、将来への不安を抱きやすい状況と言えます。長い目で見てどの道を選べば良いか、定期的に自分の進路を見直す機会を持ちましょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。