LINK

会社員に戻るという選択肢

会社員に戻るという選択肢

フリーランスになったものの、孤独を感じて毎日が辛い人、営業が上手にできないため安定した仕事を得られないなどの悩みを抱える人も少なくありません。フリーランスという働き方には合う人と合わない人がいて、そこに良し悪しはありません。そこでフリーランスという立場を捨てて会社員に戻るという選択肢を常に持つようにしましょう。フリーランスに固執せずに、嫌になったら会社員に戻れると思えば、ストレスなくフリーランス生活を送ることができます。そこで今回はフリーランスから会社員に戻る方法について紹介します。

会社員に戻るという選択肢の記事一覧

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになる

フリーランスという働き方に魅力を感じつつも、結婚や子どもができるなどの外的環境の変化でフリーランスという働き方を続けられなくなる人もいます。その場合は思い切って会社員に戻ることを考えてみましょう。企業からは「仕事ができる人材」と見られている反面、周囲のスタッフと協調できるか、社風に合った行動を取れるかなど「ヒューマンスキル」に関しては不安に思う部分があるはずです。しかしフリーランスをしながらでもヒューマンスキルを磨いてきたはずですので、必要以上に不安になる必要はないでしょう。

培った経験を履歴書でアピールする

培った経験を履歴書でアピールする

フリーランスから会社員になる時に必要になるのが「履歴書」です。一般的な転職とは表記の仕方が異なる点がありますので注意をしましょう。例えば「退社」と書くところを「閉鎖」「解散」「退職」などと記載します。またフリーランス時代の仕事の実績をアピールするために、契約時の守秘義務に違反しないように注意をしながら、日時や会社名なども具体的に明記すると良いでしょう。そして会社員になりたい理由については、実際はネガティブな理由であっても、履歴書にはポジティブな理由だけを書くようにしましょう。

実例を見てみる

実例を見てみる

フリーランスから会社員に戻った人たちの実際の例を見ていきます。フリーランスになって数年後、仕事がなくなってしまった人、会社の経営をするほど順調に仕事を得ることができた反面、エンジニアとしての自分を見失いかけた人など様々な理由の人がいます。迎え入れる企業側としては、会社員経験しかない人よりも、たくさんの経験を積んだフリーランス経験者を高く評価している傾向があります。一度フリーランスになったからといってその立場に固執せずに柔軟に人生を切り開いていきましょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。