LINK

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになる

Pocket

会社員に戻る決断もあり

大きな夢を持ち、フリーランスとして活動をしてみたものの、やはり自分には合わないと感じる人もいるでしょう。また結婚や子どもができるなど自分の身の回りの環境が大きく変わったことで、より安定した収入を得ることが必要不可欠になる人もいると思います。特に後者のように外部環境の変化により、このままフリーランスを続けて行くことがふさわしい生き方と思えなくなることがあります。
このような時は、会社員に戻ることを考えてみましょう。会社員生活を捨ててフリーランスになる時は不退転の覚悟を持ち、決断をしたと思います。しかし会社員生活に戻ることの魅力が大きい場合は、恥ずかしいと思わずに働き方を変えてみることを選びましょう。

フリーランスから会社員に戻れるか

それではフリーランスから会社員に戻ることは現実的に可能でしょうか。実は採用側である企業は、フリーランス経験者を即戦力の貴重な人材として捉えています。フリーランス経験者には、自分一人の力で仕事を受注し、納品まで行ってきたという実績があります。自分で仕事を受け、スケジュールを組み、クライアントが満足をする成果を出さない限り、フリーランスとして働き続けることは不可能だということを企業側も良く理解しています。そのため企業から「使える人材」と判断されているのです。
フリーランスから会社員になるためには、その他の転職活動者と同じ土俵に立つことになります。そのため年齢が若い人、またフリーランス時代に積み重ねた実績が良い人ほど転職活動が有利になります。

「ヒューマンスキル」が決め手

フリーランス経験者は仕事ができるという意味では、企業側から信頼されています。しかし「ヒューマンスキル」に関しては疑問符を持たれている傾向があります。会社員として社風を守って仕事をこなすことができるか、大勢のスタッフと協調して仕事をできるか、上司からの指示に素直に応えることができるかなど、会社員としての適性に関する部分に対しての疑念です。そのため転職先の面接では「なぜ自由なフリーランスの立場を捨てて、わざわざ人間関係の面倒な会社員に戻りたいのか」という点について質問をされることでしょう。
面接では自分が会社員に必要なヒューマンスキルを持っていることをアピールするようにしましょう。フリーランスになりたての頃は、もしかしたら会社の人間関係が窮屈で会社を飛び出してしまったようなヒューマンスキルが足りない人間だったかもしれません。しかしフリーランスとして長く活躍してきた人は、クライアントやプロジェクト関係のスタッフと円滑な人間関係を築いてきた人がほとんどです。面接でもプロジェクトでの振る舞いと同じように、普段の自分のヒューマンスキルを出すようにすれば合格に近づくことができるでしょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。