LINK

培った経験を履歴書でアピールする

培った経験を履歴書でアピールする

Pocket

言葉の表現に注意しよう

フリーランスから会社員に戻る時は、転職活動として就活を行います。履歴書を作成し、自分が企業で役に立つ人材であることをアピールするようにしましょう。企業の採用担当者にはフリーランス経験者に対する偏見はありませんが、履歴書の書き方に注意をする必要があります。会社員から会社員への転職と違い、独特の表現が必要だからです。
まず「フリーランスを辞める」ことをどう表現するかという点ですが、会社や事務所を設立していた場合は「退社」ではなく「解散」または「閉鎖」という言葉を使いましょう。同様に「入社」の代わりに「設立」や「開業」と表現するようにしましょう。会社や事務所を開いていない場合は、「退職」と表現すると良いでしょう。具体的には「一身上の都合により退職」などと記載するようにしましょう。

実績をアピールしよう

フリーランス時代の仕事の実績をアピールする時にも、採用担当者に伝わりやすいような工夫が必要です。できるだけ具体的に日時や会社名なども記載すると信頼性が増します。ただし契約時の守秘義務がある場合は注意をするようにしましょう。「○○年○月○日フリーランスとして○○社より、○○という案件を請負う」などと具体的に記載します。同じ業界内での転職の場合、その実績の価値は採用担当者に正確に伝わりやすいため、アピールできると思う案件は漏らさずに記載するようにしましょう。
またフリーランス経験者として転職活動を行う時は、フリーランスをしてきた人ならではの幅広い能力があることをアピールすることが大切です。会社や事務所を経営していた人は、その旨も詳細に記載しましょう。またフリーランス経験者が不安に思われやすい「コミュニケーション能力」に対しても、具体的なエピソードを示して、会社員として働くことに不安が無い点をアピールすると良いでしょう。

前向きな理由を書こう

フリーランスから会社員になりたいという人に対して、採用担当者は「志望動機」に強い興味を持つはずです。仮にフリーランスを続けた場合、将来の収入が不安になった、営業活動をするのに疲れてしまったといったネガティブな理由であっても、それをそのまま履歴書に書くのは避けましょう。自分の中にある、「フリーランスから会社員に戻る前向きな理由」を探し、そこをアピールすることが大切です。例えば「フリーランスでは携わることが難しい、大きなプロジェクトに参加をするためには、御社の一員に加わることが最適だと考えました」「大勢の人と協調しながら、大きな事業を達成する喜びを味わいたいと思います」など、できるだけポジティブな理由を考えましょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。