LINK

フリーランスから会社員に戻る方法

フリーランスから会社員に戻る方法

Pocket

SNSを使う

フリーランスとして働いている人の多くは、TwitterやFacebookなどのSNSを営業ツールとして活用していたかと思います。そういった人は、就職活動でもSNSを利用してみましょう。
SNSのプロフィールページに自身のスキルや希望年収などを記載して就活中であることをアピールしたり、就活用のハッシュタグを貼ったりしておくと、気に留めてくれた企業から声がかかるケースがあります。また、SNSサービス「Wantedly」や「Linkedin」など、ビジネスに特化したSNSサービスを活用する方法もあります。
近年では、コロナ禍やITツールの普及などの影響により、採用活動自体がオンラインに移行しつつあります。その結果、企業がTwitterに就活アカウントを作成して採用者を募る、いわゆる「Twitter就活」が増加しました。情報収集・共有が行えるだけでなく、採用担当者とつながることで互いについて理解する機会があったり、そのまま選考に進めたりと、Twitter就活の可能性は着実に広がっています。

知人やクライアントに紹介してもらう

知人やクライアントに紹介してもらうケースは、フリーランスのポピュラーな再就職方法の一つです。フリーランス時代にしっかりと人脈を形成しておけば、仕事仲間やクライアントから就職先を紹介してもらうことができます。企業としても、信頼している人材であれば安心して採用できるため、紹介による再就職はスムーズに進む可能性が高いでしょう。スキルや人となりをあらかじめ理解してもらえていれば、即面接・即採用というケースも珍しくありません。昔の同僚とつながっている場合、元の職場に戻れないか交渉してもらうという手もあります。
ただし紹介の場合、もし仕事が自分に合わずに辞めてしまう場合、紹介してくれた人に迷惑をかける可能性があります。紹介での就職は上手くいきやすい反面、一旦就職すると辞めにくいということを理解しておきましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、転職希望者と、採用を考えている企業を結びつけるマッチングサービスです。転職希望者だけでなく、会社員への再就職を考えるフリーランスも利用できます。
転職エージェントを利用すれば、担当のキャリアアドバイザーに希望の職種や待遇、年収などの条件を伝えると、希望に沿った企業を紹介してもらえます。フリーランスとしてこれまで培ってきた実績をエージェントにアピールしてもらうことで、フリーランス時代と同様の収入を獲得する道も拓けます。場合によっては、企業の人事担当者に直接つないでもらえたり、非公開案件を紹介してもらえたりするケースもあるようです。
また、転職エージェントは、面接対策や履歴書の添削などのサービスも実施しています。フリーランスとして働いていると、面接や履歴書提出といった機会から遠ざかってしまいがちです。そのため、キャリアアドバイザーから細かく指導・チェックしてもらえると心強いでしょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。