LINK

フリーランスとしての解決策

フリーランスとしての解決策

フリーランスとして一人で仕事をすることにより様々な問題が出てくるかもしれません。孤独の問題、営業の問題、忙しくて仕事を取れないなどの問題です。そこで今回はフリーランスとして働きながら、それでいて孤独を感じず、快適に仕事をする方法について役立つ情報を紹介していきます。「コワーキングスペース」の利用や「常駐型フリーランス」として働く方法、「交流会」への参加や休みの日を充実させてリフレッシュする大切さなどについて紹介します。

フリーランスとしての解決策の記事一覧

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作る

フリーランスとして一人で仕事をしている人は、孤独感に耐えられなくなってしまうことがあります。また仕事場兼自宅の人は、仕事場を外に持ちたくなるでしょう。この二つの要望に応えるのが「コワーキングスペース」と呼ばれる場所です。シェアオフィスなどは仕事場が個室になっていますが、コワーキングスペースはオープンスペースになっています。コワーキングスペース内で仲間を作ることができ、新しいコミュニティに身を置くことで孤独感はぐっと癒されるでしょう。

常駐型として生まれ変わる

常駐型として生まれ変わる

フリーランスになってみると、一人で仕事をすることに強い孤独を感じる人、または営業活動が苦手だと感じる人がいるでしょう。営業の問題を解決する方法としてクラウドソーシングサービスを利用する方法があります。特に営業活動をしなくても単発の案件ならすぐに受注することができます。また常駐型のフリーランスとして働くと、クライアントの職場でたくさんのスタッフと一緒に働くことができます。営業活動の難しさと孤独感という二つの悩みを一気に解決できるおすすめの働き方と言えるでしょう。

交流会で繋がりを見つける

交流会で繋がりを見つける

フリーランスとして安定して仕事を得るためには顧客の確保が欠かせません。営業活動をすることが大切になりますが、その方法のひとつとして「交流会」に参加をしてみてはいかがでしょうか。交流会ではたくさんの人に名刺を配ることが基本になります。名刺は目立つように交流会仕様のものを作ると良いでしょう。ポートフォリオなども用意して自分を強く印象付ける努力をしましょう。また交流会の翌日にお礼のメールを送ることでさらに印象を強くすることができます。仕事の受注に繋がる可能性も高くなるかもしれません。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュする

フリーランスとして長く活躍するためには、適度に休みを取る必要があります。一人で仕事ばかりをしていると、孤独を感じて仕事の質が落ちてしまうことに繋がってしまうかもしれません。休みの日は外出をして仕事のことを頭から追い出して、思い切りエンジョイしましょう。手軽な場所としては「日帰り温泉」、長く休みを取れる人は電車や飛行機に乗って遠くの観光地に行ってみましょう。目に見える景色が変わると気分がリフレッシュされます。心身がリフレッシュされていると孤独に負けずに仕事に集中することができるでしょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。