LINK

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作る

Pocket

コワーキングスペースを利用しよう

フリーランスの孤独感を癒すために「コワーキングスペース」を利用してみましょう。コワーキングスペースは通常のシェアオフィスやレンタルオフィスとは違い、作業を行う場所が個室ではなくオープンスペースになっています。オープンスペースで作業をするため、同じコワーキングスペース内で働く人と顔見知りになり、仲良くなる機会もたくさんあります。もちろんシェアオフィスなどと同様に、低コストで自分の仕事スペースを確保することができるというメリットもあります。
個人で事務所を構えると賃料や光熱費も高額になりますし、椅子や机やプリンターなどの初期投資も必要になりますが、コワーキングスペースならその点でもかなり安く済みます。その上に孤独を感じにくくできるというメリットも付加されます。フリースペースを会議室代わりに使用することも可能ですので、仕事の打ち合わせも簡単に行うことができるのも魅力です。

新しいコミュニティを作ろう

コワーキングスペースを利用するメリットのひとつが、新しいコミュニティに参加をすることができるという点です。コワーキングスペースを利用する人達の多くもフリーランスとして同じような状況で仕事をしています。フリーランスならではの問題や、将来の不安も抱えている仲間と言えるでしょう。同じコワーキングスペースの仲間は繋がりやすい存在ですので、きっと仲良くなれるコミュニティがいくつか存在しているはずです。積極的に交流を取ることで、精神的な孤独感はかなり軽減されるでしょう。
気が合う仲間ができて仕事の方向性が同じ場合は、ビジネス上でもチームを組むことが可能です。もちろんそこまで同じ条件のコミュニティが作れるかどうかは運次第ですが、定期的に飲み会を開催して仕事の話ができる仲間ができるというだけでもコワーキングスペースを利用するメリットは大きいでしょう。

イベントに参加しよう

コワーキングスペースを運営している人は、コワーキングスペース内の参加者の交流を促すようなイベントを積極的に企画しています。例えば勉強会やワークショップなどが定期的に開催されています。自分が必要なスキルや、持っていたほうが良い教養などを積極的に取り入れたい人にとって貴重な場になるでしょう。家で仕事をしているとこのようなワークショップなどに参加をするのは億劫な上、参加をする勇気が必要です。コワーキングスペースを仕事場にしている場合は、空いた時間にオープンスペースに移動するだけで済みますので、とても手軽で気軽に参加をすることが可能です。実際に自分が必要なスキルを持っている人と会い、交流することは貴重な経験になるでしょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。