LINK

交流会で繋がりを見つける

交流会で繋がりを見つける

Pocket

「交流会」に参加しよう

フリーランスとして安定した仕事を得るために、最も重要なのが「顧客の確保」と言われています。最初の顧客は前に所属していた企業の関係者かもしれませんが、そこだけに頼っていたらいずれ仕事がなくなってしまう可能性が高いでしょう。やはり大切なのは営業活動になりますが、どう営業活動をして良いか分からない人も多いのではないでしょうか。
そこで人脈を広げるために「交流会」に参加をしてみてはいかがでしょうか。フリーランス同士が出会う交流会、異業種同志が出会うための交流会などが数多く開催されています。最近ではSNSなどで交流会などのイベントの告知も頻繁にされていますのでチェックしてみましょう。

印象に残る名刺を配ろう

実際に交流会に参加をしたら、できるだけたくさんの人に自分の名刺を配ることが大切です。ほとんどの場合「名刺を配っただけ」という状態になるかもしれませんが、仕事の納期が急な場合や、どうしても人材が欲しい時などに声が掛かる可能性がないわけではありません。
そこで仕事の受注の確率を増やすためにも、印象的な名刺を配るようにしましょう。普段使っている住所や肩書を入れたオーソドックスな名刺ではなく、交流会用に目立つ名刺を用意するのもおすすめです。メールアドレスやHPのアドレスのみを記入して、その代り名前を大きく記載し、変わった素材の紙を使ってみたり、デザインを奇抜にしてみるなど印象に残りやすい名刺を作って交流会に参加するのもおすすめです。

自分を知ってもらう努力をしよう

交流会で名刺を配るだけでは、そこから仕事に繋がるのは難しいかもしれません。せっかく交流会に参加をしたのですから、自分という存在をできるだけアピールするようにしましょう。そのためには事前の準備が必要です。実際に自分がどのようなスキルを持っているのか、どのような実績を残しているのかを短時間でアピールできる素材を用意することが大切です。
例えばデザイン系の仕事をしている人は、自分の代表作を集めたポートフォリオを用意すると良いでしょう。名刺交換のついでにポートフォリオを見てもらえば、話しも弾みやすくなり印象にも残りやすくなります。名刺に記載したHPなどを見てくれる機会も増え、仕事の依頼に繋がりやすくなるでしょう。

交流会の後のフォローを大切にしてみよう

交流会が終わったらそのまま放置という人も多いと思います。しかし交流会が終わった後のフォローが実は重要です。名刺交換をした時に自分に興味を持ってくれた人、または自分が強く興味を持った人には、積極的にアポイントを取りましょう。とはいえ交流会で名刺交換をしただけの関係ですので、できるアピールは限られています。
例えば交流会の翌日に「交流会の名刺交換の御礼」とうタイトルでメールを送ってみてはいかがでしょうか。会えたことの喜びと、また会ってじっくり話をしてみたい、相手の仕事に興味があることなどをさりげなく文面に加えておくと、名刺交換だけの場合に比べてはるかに相手の印象に残りやすくなります。仕事の受注に繋がる可能性も高くなるでしょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。