LINK

常駐型として生まれ変わる

常駐型として生まれ変わる

Pocket

営業活動の悩みを解決する

フリーランスとして働き始めて、自分には営業活動が向いていないと気が付く人もいるでしょう。新しいクライアントと信頼関係を築く作業が苦手である場合、単発の仕事を取ることはできても将来的に安定した仕事を得ることは難しいかもしれません。
直接クライアントにアポイントを取るのが難しい場合は、クラウドソーシングを利用して仕事を得る方法があります。Web上のクラウドソーシング企業は、クライアントとフリーランスを結びつける場として注目をされています。自分が得意な仕事の依頼が探して受注することで、特に営業活動をしなくてもすぐに仕事を始めることが可能です。営業活動が苦手な人は、当面はクラウドソーシングを利用して仕事を得て、仕事のスキルを磨いていくと良いでしょう。

信頼される人材になる

クラウドソーシングを利用する場合、基本的に単発の仕事が中心となります。長期に渡り安定した仕事を受注するためには、受けた仕事をきちんとこなし、クラウドソーシング上の信頼を高めていくしか方法がありません。信頼できるフリーランスだという評価を得ることで、実際にクライアントに対面をして営業活動をすることに近い営業効果を導き出すことができるでしょう。それまでに依頼があったクライアントからの仕事を引き続き受けることができ、さらに似たような案件の依頼が別のクライアントから来るようになります。対面して名刺を配らなくても、単発の仕事で信頼を積み重ねることで営業活動の代わりにすることも可能です。

常駐型フリーランスになろう

営業活動に関する問題は、クラウドソーシングで解決するかもしれません。しかし一人で仕事をして、悩みや喜びを共有することができないという孤独感はクラウドソーシングでは解決できません。
そこで「常駐型フリーランス」という働き方を提案します。フリーランスは基本的に一人で自宅や事務所で仕事を行い、クライアントと顔を合わせる機会もほとんどありません。しかし常駐型の働き方を選ぶと別です。常駐型のフリーランスとは、クライアントになる企業の職場に机を置き、他のスタッフと一緒になりプロジェクトを達成するための仕事をするという働き方です。やっていることは会社員とほとんど同じですが、雇用形態としてはフリーランスになっています。常駐型の仕事をしている間は、たくさんのスタッフと一緒に仕事ができるため孤独を感じる機会はぐっと少なくなるでしょう。また常駐型の仕事の依頼を受けると、納期までの期間が長いケースが多いため、安定した収入を長期に渡り得ることができます。孤独と営業活動への不安の両方を常駐型のフリーランスとして働くことで解消することが可能になるでしょう。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。