LINK

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュする

Pocket

休みは家から出よう

フリーランスとして仕事を頑張っているとなかなか休みを取ることができません。仮に休みを取ったとしても、常に頭の中に仕事のことがあるために、なかなか心からリラックスすることができないかもしれません。また休み慣れていない人は手持無沙汰になってしまい、つい仕事を始めてしまうため、結果的に休みにならないという人もいるしょう。仕事漬けになってしまうと一人で仕事ばかりをしているため孤独を感じてしまうという悪循環に陥ってしまいがちです。
そこで休みの日は思い切って家から出るようにしましょう。外出をする時は、できれば仕事をするための道具を家に置いて、休みを楽しむことに専念するようにしましょう。フリーランスと会社員は、仕事の仕方に違いがあっても、休みを楽しみリフレッシュする必要があることは同じです。楽しむことが上手になると孤独を感じることも少なくなるでしょう。

日帰り温泉でリフレッシュ

定番ですが手軽にリフレッシュできる外出先が「温泉」です。最近はスーパー銭湯が進化して、日帰り温泉の数も増えています。家の近所のスーパー銭湯を良く調べてみると、天然かけ流しの温泉を楽しめるところもありますので積極的に遊びに行く習慣を付けましょう。
日帰り温泉には、スーパー銭湯と同じように散髪をする施設やマッサージを受ける施設も併設されています。また休憩所が利用できるため、一日中温泉を楽しむことができるコースもあります。施設利用料は700円程度から2500円程度まで幅広く、食事も施設内で安くとれますし、交通費もほとんどかかりません。少額の投資で済みますが、思い切りリフレッシュできる施設としておすすめです。

プチ旅行でさらにリフレッシュ

電車や新幹線に乗って、本格的な温泉地や観光地に行くのもおすすめです。遠くに移動すると目に入る景色が大きく変わります。新しい景色は気持ちを開放的にし、リフレッシュしやすい状況を作りやすくしてくれます。春は桜の時期ですし、秋は紅葉を楽しめます。日本には四季があるため、同じ場所に行っても季節によって異なる気持ちを味わえます。気分転換をするのに恵まれた国と言えるでしょう。
旅行先は、日帰り温泉同様に温泉地がおすすめです。観光をたっぷり楽しんだ後に温泉に入りのんびりすることで、心身ともにリラックスができるでしょう。一泊二日の旅行の場合は二日とも移動になってしまいますが、三日間休みを取り二泊三日の旅行にすると、一日は観光地や宿泊施設でのんびりすることが可能です。特に体が疲れている人は、二泊三日以上の、のんびりした日程で旅行をすることをおすすします。また魚介類が好きな人は海が近い観光地に行って食事を楽しんだり、ご飯が好きな人はお米の名産地に行って食事を楽しむなど食事を旅行の目的にするのもおすすめです。

人気の記事

コワーキングスペースでコミュニティを作る

コワーキングスペースでコミュニティを作るフリーランス生活を長く続けていると、一人で仕事をする時間が長いため、孤独な状況に陥ってしまいがちです。そこで「コワーキングスペース」を作業場にすることをおすすめします。コワーキングスペースは作業場がオープンスペースになっていて、フリーランス同士が交流しやすい雰囲気になっています。コミュニティに参加をすることで孤独感を解消することができるでしょう。また交流イベントや勉強会なども頻繁に開かれていますので、スキルアップにも役立ちます。

旅行でリフレッシュする

旅行でリフレッシュするフリーランスという立場上、仕事がある時はできるだけ仕事をしようと思い無理をしてしまいがちです。しかし無理をすると精神的にも体力的にも限界が訪れてしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうか、精神的に病んでしまう恐れがあります。そこで休日には旅行に行くようにしましょう。家や事務所にいるとつい仕事の続きをしてしまいがちだからです。時間がない時は日帰り温泉を利用しましょう。時間がある時は飛行機や新幹線で観光地に行くとよりリフレッシュすることができるでしょう。

ヒューマンスキルがカギになる

ヒューマンスキルがカギになるフリーランスになり仕事を頑張っていると、収入が増える反面、孤独感が強まるなど様々な問題が出てきます。フリーランスという働き方が自分に合っていないと判断した場合は、会社員に戻ることを選択肢に加えるようにしましょう。迎える企業側は、フリーランス経験者の仕事のスキルに対しては信頼感がありますが、コミュニケーション能力や社風に合わせる柔軟性などには疑問を持っているケースがあります。会社員に戻るためには「ヒューマンスキル」がカギになるでしょう。